全てのコテンツをご覧になるには、JavaScriptを有効にしてください。

代表者よりご挨拶 -Message-

皆様のおかげで有澤建設は今年100周年を迎えます。これまでもこれからもみなさまのそばに有澤建設。右:有澤建設株式会社 代表取締役会長 有澤廣己 左:有澤建設株式会社 代表取締役社長 木下英資

有澤建設株式会社は今年の9月をもって100年目となります。先代の有澤恒が立ち上げた当初、どんな思いで立ち上げたのか、100年続く企業に成ると予想していたのか、節目のこの時期だからこそ聞いてみたい思いに駆られます。
100年に至るまでには第1次世界大戦、第2次世界大戦など世界の大きな波に影響されることも多々あり、100年永続できる企業は1000社の内2社以下と言われております。ではなぜ、有澤建設株式会社が生き残ることができたのか。
それは世間に存続を認めていただいたからに他なりません。近江商人の買い手よし、売り手よし、世間よしの「三方よし」の精神を考えると、当社が永続できているのも多くの方々のおかげだとつくづく思い、感謝してもしきれない思いです。
また、常に時代は変化しており、歴代の社長は柔軟にその変化に対応してきたからこその今があるとも感じております。今年4月におきた熊本・大分大地震は今でも余震が続いており、もとに戻るにはまだ時間がかかります。こんな時に私たちにできることを真剣に考え、私たちだからこそできることをやることで、当社を作り上げてくれた社会に恩返ししていきたいと考えております。また、今後私たちが想定しきれない出来事に出会ったとしても、社員一丸となって変化に対応できるような、そんな柔軟な組織体でありたいと考えております。101年目のその先を見据え更に社会に認めてもらえる企業を目指し変化していきます。

有澤建設株式会社 代表取締役社長
木下 英資

全てのコテンツをご覧になるには、JavaScriptを有効にしてください。

PageTop